キャッシングを銀行で

キャッシングを銀行で

キャッシングを銀行で

以前はそれほど個人向けの貸付商品等に力を入れていなかった銀行ですが、近年は、個人向け商品にかなり力を入れているところが多くなってきています。
銀行、信用金庫、また農協などでも、こうした個人向けのキャッシング商品が多くなっていて、営業にもかなり力を入れています。

 

都市銀行や地方銀行などでは、積極的な個人向けキャッシングを展開していて、以前よりもキャッシングやローンを組みやすくなったという傾向にあります。
銀行などでキャッシングを行うメリットというと、やはり、ほかの消費者金融や信販系カードと比べると、借入金額がかなり高額に設定されるということです。
消費者金融等では、限度額が10万円から100万円というところが最も多いのですが、銀行は、100万円から500万円くらいまでの貸付を行っています。

 

さらにメリットとなるのが、金利の安さ。
消費者金融と比べるとかなり大きな差になります。
ただ最近は銀行でのこうしたキャッシング商品の中にも、高い金利を設定している商品も多くなってきています。

 

デメリットは、審査に日数がかかるという点。
少なくとも2日くらいはかかります。
プラス、審査が厳しいという点。
提出する書類も多く、面倒という点もデメリットです。


ホーム RSS購読 サイトマップ