キャッシングの金利

キャッシングの金利

キャッシングの金利

消費者金融のイメージがすごく悪かった時代。
この時代は、金利がものすごく高い高利貸しが横行していた時代です。
いくら返済しても、結局元金が減っていかないというほどの金利で、多くの債務者の方々が苦しめられてきました。
そこで政府は、貸金業者への金利規制を行うため、大きな法律改正を行ったのです。

 

貸金業法は、消費者金融等貸金業者に対して、貸付の上限を制限するという法律ですが、この上限を制限するという法律と同時に、上限金利引き下げということも行われました。
法律改正となる前には、出資法上限金利29.2%があり、この上限を超えた金利を適用していた貸金業者は刑事罰対象とされていました。
貸金業法にも金利上限があり、10万円未満の場合20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円を超える場合には15%と決められていたのですが、出資法上限金利とは違い刑事罰がなかったことで、18%以上29.2%以内の金利で貸し付けを行う業者が多かったのです。
これが、以前よく言われていたグレーゾーンです。

 

その後の、大幅な法律改正によって、グレーゾーン撤廃となったのです。
貸金業法の金利は以前と変わらず、20%の金利を超える者に対して、刑事罰対象となったのです。
グレーゾーンがなくなったことで、より明確な金利が設けられたということになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ