総量規制における配偶者貸付

総量規制における配偶者貸付

総量規制における配偶者貸付

総量規制は、キャッシングの契約を行う人の収入の1/3までしか借入ができないという法律です。
総量規制の中の非常に有名なものですが、実は配偶者貸付にも変更があります。
もし妻が借入を行うという場合、夫の年収が350万円、妻の年収が70万円だったとします。

 

妻が借入を行う場合、夫の年収350万円と妻の年収を足した420万円の1/3までの借入が可能となります。
限度額が大きくなっていいじゃないか・・と思われますが、配偶者が借入を行うという場合には、配偶者の同意が必要となるほか、夫婦であるということを証明するための書類が必要ということになります。
同意書、プラス住民票もしくは戸籍抄本が必要ということになりますね。

 

またたとえば、消費者金融1社から50万円以上の借入を行う場合、また複数の金融業者から借入を行っている場合で100万円を超える借入となると、100万円を貸し付ける金融業者は収入証明をもとめてきます。
同意書や収入証明の提出はありますが、保証人となっているということではありません。
一見、いいように感じますが、結局はどちらが借入を行うにしても、夫婦の収入合計によって金額が決められますから、結局配偶者貸付の場合でもどの場合でも同じということになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ